医師

脳梗塞とは、脳に血液が流れにくくなり一部の機能が停止してしまう病気です。
患者数で言うと、現在は150万人はいると言われています。
その中には、年間に7万人以上の人が亡くなっています。
発症の年代でいうと60代から増え始め、70代が男女ともに一番多くなっています。
脳梗塞の症状は、手足のしびれや言葉を発するときにろれつが回らないといったものがあります。
これらの原因としては、主に生活習慣の乱れや加齢によるものです。
偏った食生活や運動不足が、血液を固まりやすくしていきます。
そして、血液が固まってしまい血栓となります。
それが、体中の血液を流れにくくしているのです。

また喫煙習慣も、血栓を作りやすくしています。
その他にも過度なストレスによるものがあり、最近では若い人でも見られるようになりました。
このような脳梗塞の症状に気づいたら、一刻も早く病院で治療をする必要があります。
早めに血液の流れを良くしないと、後遺症が残ってしまうからです。
脳梗塞の後遺症とは、手足がマヒしてしまい動かなくなります。
また舌もマヒしてしまうので、はっきりと喋れなくなるのです。
病院ではこのような脳梗塞に対して、主に薬で治療をしていきます。
その薬が血栓を溶かしていき、血液を流れやすくするのです。
このような治療は、様子を見ながら続けていきます。
また病院では症状が進んでしまった場合は、リハビリを行っていきます。
作業療法士などが付き添い、手足を動かしていきます。
このリハビリにより、回復が期待されるのです。
このような脳梗塞を避けるためにも、日頃から健康的な生活を送っていくことが大切です。
また症状が見られた場合は、早めに病院で治療していくことがとても重要となっています。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
    頭痛の女性

    診断方法や治療方法

    脳梗塞の診...

    Readmore
    看護師

    血がたまる

    「脳梗塞」...

    Readmore
    女医

    病気の正しい認識

    認知症とは...

    Readmore